プロジェクトについてABOUT THIS PROJECT

プロジェクト概要

~新ナノ結晶軟磁性材料の開発による送電ロスの抑制、電力損失の大幅低減~

東北発 素材技術先導プロジェクトの概要

東北発 素材技術先導プロジェクト(文部科学省、復興庁)は、「東日本大震災からの復興の基本方針」に基づき、東北の大学や製造業が強みを有するナノテクノロジー・材料分野において、産学官協働によるナノテクノロジー研究開発拠点を、東北大学を中核として形成するものです。

本拠点では世界最先端の技術を活用した先端材料を開発することにより、東北素材産業の発展を牽引し、東日本大震災からの復興に資することを目的としています。

超低損失磁心材料技術の取り組み

地球規模でのエネルギー消費量削減のため、電力輸送から日常電化製品までのあらゆる分野で電力効率を改善することが求められています。モータやトランスなど磁気応用製品の電気―磁気変換に伴う磁心損失(エネルギーロス)は、全電量消費量の3.4%と大きな割合を占めています。一方で磁心材料として96%のシェアを占めているケイ素鋼によるトランスやモータなどの電力効率の性能向上は限界に達しつつあるのが実情です。

この磁心損失低減という課題に対し、東北大学が生み出した特異な自己組織化ナノヘテロアモルファス構造の結晶化を利用し、極限まで低い磁心損失を実現しうる革新材料としての超高鉄濃度ナノ結晶軟磁性合金の創成を行います。

本プロジェクトでは、このナノ結晶軟磁性材料分野における磁気理論とナノ組織理論を統合した本質的な材料設計指針を構築し、実用化に向けた多くの技術課題に対し異分野の学術及び工学領域が協働して解決する組織的研究を行い、本学術領域の発展を牽引します。
更に、これらの革新的な基盤技術を軸として、産学官連携を多面的に進めることにより東北地域の産業活性化につなげます。

研究代表者あいさつ

東北発素材技術先導プロジェクトは文部科学省の素材技術研究開発拠点形成事業補助金を受け、平成24年6月に開始しました。これまでの研究により、優れた磁気特性を有する新合金NANOMET®とその製造プロセスの開発、さらには幅広薄帯の作製とNANOMET®を使用した家電用モータの試作による省エネ効果の実証に成功いたしました。今後はプロジェクト後半の新素材の実用化に向け、民間企業と共同でモータやトランスに応用する実証研究を本格的に開始いたします。また、運営面において産学連携のための新拠点をMaSC(産学連携先端材料研究開発センター)に開設しました。関連企業の皆さまと共同で本格的な試作と応用実証を開始し、東北発の事業化・工業化を目指す所存です。
今後とも皆さまの一層のご支援を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

東北大学 金属材料研究所 教授 牧野 彰宏

東北大学 金属材料研究所
教授 牧野 彰宏